「THE FACT」
マスコミが報じない「事実」を世界に伝えるネット・オピニオン番組
YouTubeチャンネルはこちら
携帯QRコード
幸福実現党

PostHeaderIcon 注目の地域政党との違い

橋下徹・大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会」の次期衆院選の公約案として、

現在とりあげられているものについて、

●外交政策について「日米同盟の基軸の方針を盛り込むこと」 「TPP(環太平洋経済連携協定)への参加」

●政治改革では、「首相公選制の導入」 「参院の廃止」

●社会保障については、「年金を現在の賦課方式から積み立て方式に転換すること」

以上の点、方向性は同じ。

しかし、

「道州制への移行」

「脱原発」

「新たな資産課税(橋下氏は、「民間で金が回る世の中にしたい」として、預貯金や土地・建物など資産に対して新たな課税をすべきだとしている)」

以上の点、橋下徹・大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会」とは、まったく異なる立場をとる。

アジア・中東の軍事的危機が増している今、エネルギー安全保障と国防でリスクを冒すわけにはいかない。

また、景気回復には経済成長が必要だが、

預貯金や土地・建物などの資産形成を促し、循環させる方向で舵取りしなければ、景気がよくはならない。

「自由からの繁栄」というマインドを、一本、中央に立てないかぎり、

けっして、未来は切り拓かれない。