「THE FACT」
マスコミが報じない「事実」を世界に伝えるネット・オピニオン番組
YouTubeチャンネルはこちら
携帯QRコード
幸福実現党

PostHeaderIcon 次世代原子力発電技術開発を支援するビル・ゲイツ氏

『WIRED』誌が開催した会議レポートより

ビル・ゲイツ氏は、数百万ドルを投資して、濃縮ウランではなく、既存原子力発電の廃棄物の劣化ウランを燃料とする、「(原子炉の運転に)人間の関与が数十年間必要ない」原子炉の開発をすすめる。放射性廃棄物は通常と比べ、1/1,000しか出さなくなるという。

「大災害は人々の支援を引き出すことにつながるし、核廃棄物の問題は、全体のなかでは比較的小さいものだ。問題になるのは、むしろ、核燃料の安全性とそのコストのほうだ。」と主張。

「これまでと違うやり方をする余地は非常に大きい」としている。